> >
 
 


>Amazonへ

 

 
J-WAVE生出演【録音】
NHK「グランジュテ」
TV東京「地球VOCE」
「読売新聞」
メトロポロス
フリーペーパー 「メトロポリス」
人材バンクネット
「魂の仕事人」
毎日新聞
「朝日新聞」08/12/01
Lily
フリーペーパー「Lily」
Mainichi Weekly
「Mainichi Weekly」
THE 21
「THE 21」 08年8月号
スペースアルク
「スペースアルク」
Christian Today
「Christian Today」08/5/20
毎日新聞
「毎日新聞」07/12/19
 
     もっと見る
はじめまして。
私たちNGOゴスペル広場は、
「楽しい時間のために使ったお金が、別の場所で大きな力になる」
をコンセプトに
1.みんなで集まって楽しくゴスペルを歌える場を作り
2.参加費の一部を使い国際協力を行う

という活動をしています。

「ゴスペル」という音楽はもともと
アメリカの黒人教会が作り上げてきたものですが、
近年日本でも大変人気があります。
「楽しそう」「気持ちよさそう」というイメージの通り、
大勢で声を張り上げて奏でるハーモニーには
特別な解放感と感動があります。

年齢、経験を問わず、
誰でも体ひとつで気軽に楽しめるのがゴスペル。
皆さんもぜひ一緒に声を出して歌ってみませんか!?

そして、私たちは皆さんからいただく参加費を使い
国際協力活動を行っています。
楽しみながらみんなで少しずつ出し合うだけでも
貧困の中に暮らす人たちの力になることができます。
歌を通じて、世界をより良くするための活動に参加しませんか。

声を合わせて歌うことによって、
自分が、周りが、笑顔になれる活動をしていきたいと願っています。
皆さんのご参加、ご協力をお待ちしています!

NGOゴスペル広場
スタッフ一同
 

Jenna(ジェンナ) 

2008年、26歳でNGOゴスペル広場を設立。現在全国23拠点、メンバー総数2000人以上という国内最大規模のゴスペルクラブへと成長。ゴスペルを通じてアジアやアフリカの貧困地域への国際協力活動を行い、これまでの支援総額は約二千万円に上る。

19歳で米軍基地の黒人教会の聖歌隊に入隊、翌年にはアメリカ人夫妻による日本初の本格ゴスペル教会の立ち上げに参画。新聞やTVに取り上げられ教会は急成長するも、リーダーたちの「伝道」のやり方に疑問を感じ、一度はゴスペルを離れOLの道を歩む。その紆余曲折の歩みは、2012年にNHKドキュメンタリー「グランジュテ」に取り上げられ、大きな反響を呼んだ。その後も、ゴスペル界の”若きカリスマ”として、TV東京、J-WAVEなどに取り上げられ注目を集めるようになる。

2014年、ゴスペルのメッセージを自身の歩みに重ねて紹介する著書「声に出した瞬間、あなたを幸運に導く48の言葉」(大和出版)を発売。印税は全て、西アフリカの小国ブルキナファソの小学校修繕に使われた。

2015年には、米モータウンの元プロデューサーであるJett Edwardsとともに「JAPAN MASS CHOIR」を企画。全国からゴスペルクワイヤが集結し、前代未聞の「1000人レコーディング」によって発売したデビューCD「POWERFUL」は、米ビルボードのゴスペルアルバムチャート第3位という快挙を達成。

2016年10月には、クリスチャンミュージック界のグラミー賞である「ドーブ賞」にノミネートを果たした。「JAPAN MASS CHOIR」としてアメリカ各地への公演ツアーも実施しており、日本のゴスペルシーンにおいて、クワイヤの枠を超えた横のつながりを促進している。


 →たくさんの反響ありがとうございます!
  Jenna特集全6回シリーズ「魂の仕事人」記事はこちら!(2009年2月)

 →全国から共感の声をたくさんいただいています!
  ゴスペルの言葉と共にJennaが自身の歩みを語った著書をAmazonで見る

 
名称:NGOゴスペル広場
設立:2007年10月20日
電話:03-5428-8638(代表) 平日9:00~18:00
 
 

▼随時メンバー募集中!

 

NYから発信!
本場のゴスペルラジオが
ここから聴けます♪
↓↓